会社概要

about yaeyama chlorella

会社概要

会社名 八重山殖産株式会社
資本金 900万円
項目名 1975年7月
代表取締役 中野 良平
所在地 〒907-0242 沖縄県石垣市白保287-14
TEL 0980-86-7154
FAX 0980-86-7509
工場敷地面積 敷地面積 99,000㎡
最大生産能力 クロレラ年産240トン、ユーグレナ年産160トン
主要取引銀行  琉球銀行(八重山支店)

所在地

沿革

2017年 『石垣島のクロレラ 石垣の幸』を石垣島限定商品として『八重山クロレラ粒』にリニューアル
2017年 志喜屋安正 会長に就任。 中野良平 社長に就任。
2015年 FSSC22000認証を取得
2014年 『緑の幸』を『石垣島のクロレラ 石垣の幸』にリニューアル。沖縄の豊かな自然を表した色彩豊かなパッケージに刷新。
2013年 クロレラ粉末、ユーグレナ粉末でHALAL認証を取得
2013年 CANADA FDAに施設登録
2013年 ユーグレナグループに参画。営業業務を移管、統合
2013年 株式会社ユーグレナ グループに参入
2012年 沖縄県の「地域産業資源活用事業の促進に関する地域産業資源」として「クロレラ」が指定。
2011年 ユーグレナ粉末でKosher認証を取得
2008年 クロレラ粉末でKosher認証を取得
2005年 食品用ユーグレナ屋外大量培養技術を用いた生産体制構築
2005年 志喜屋安正 社長に就任
2004年 ISO9001及びISO9001-HACCP認証を取得
2003年 アメリカFDAに施設登録
2003年 酵素処理クロレラを開発
2002年 2002年葉緑素の含有量を高めるクロレラの培養方法で特許を取得する(特許第3277372号)
1999年 乾燥クロレラ微細粉末製造方法及び製造装置で特許取得する(特許第2916909号)
1995年 屋内収容型スプレードライヤーを完成
1995年 クロレラ粒緑の幸、CGF液八重山が沖縄県優良県産品に推奨される
1994年 クロレラ種苗センターを完成
1993年 微細クロレラ生産センター、藻類研究開発センターを完成
1989年 藤井正義 社長に就任
1985年 クロレラ粒『緑の幸』を発売
1984年 直径30mの培養ブール13基を増設、稼働する
1979年 ジェット噴流法によるクロレラ細胞膜破砕に成功、細胞膜破砕クロレラを発売
1978年 沖縄県石垣市にクロレラ培養工場が完成、稼動する
1975年 沖縄県石垣市に八重山殖産株式会社を設立(社長 上中浩治)
1963年 初代社長 上中浩治、クロレラの乾燥にスプレードライヤーを採用して成功。 世界で初めてクロレラ粒を開発、販売を開始